頭皮の臭いの原因は臭気成分を発生させやすい生活習慣にあり!

頭皮が臭いのはなぜなのか、そこで頭皮が臭くなる原因を調べてみました。

頭皮が臭い原因は「皮脂」です。
頭皮は皮脂腺が活発な部位です。
頭皮の皮脂腺は皮脂分泌が盛んになりやすいので、皮脂が過剰に分泌されることで皮脂が酸化し、酸化した皮脂に皮膚常在菌が集まって臭気成分を作ってしまいます。
この臭気成分はノネナールと呼ばれていて、このノネナールが頭皮を臭くしてしまう原因となります。
ツンとした刺激臭によって頭皮に嫌な臭いを充満させてしまいます。

また、頭皮の臭いには皮脂の成分も関係しています。
頭皮から分泌される皮脂の成分は日頃の習慣や食事が関わっています。
不規則な生活習慣や栄養バランスが偏った食事習慣が続いていると皮脂の中に脂質やアンモニアなどの老廃物が多く含まれるようになります。
脂質やアンモニアは皮膚常在菌のエサとなり、そうした皮脂が頭皮から分泌されてしまうとより多くの菌が繁殖し、臭気成分ノネナールを生成されやすくし、頭皮の臭いを悪化させてしまいます。

また、皮脂を酸化させてしまう活性酸素という物質が存在しています。
活性酸素はウイルスや有害物質を身体の中から追い払ってくれる働きがありますが、不規則な生活リズムや栄養バランスの偏った食生活、ストレスの蓄積によって活性酸素が過剰に増えてしまいます。
増えすぎてしまった活性酸素は身体の細胞を酸化させてしまい、皮脂も酸化させます。
活性酸素が過剰になってしまうことで皮脂が酸化し臭いの元となる成分を発生させ、頭皮の臭いにつながってしまいます。