耳ヨガで効果を実感するには、耳ヨガのやり方を身につけることである

耳ヨガにおいて、耳引っ張りは引っ張る場所によって効果が異なるので、耳の上部分と真ん中と耳の下部分の3か所に分けて引っ張ることになります。
引っ張り方として、耳を引っ張る時間は1分を目安に行い、呼吸を止めないように心掛けるのがポイントです。
なので、耳ヨガのやり方としてゆっくりと息を吸って息を吐きながら耳を引っ張るのが基本となります。
耳ヨガで、耳の真ん中を親指と中指で摘む時は、耳のくぼんだ辺りに中指を入れて耳の裏側に親指を添える感じで摘みます。
他にも、耳ヨガは耳を軽く引っ張る際に真横に引っ張るのでなく、少し斜め後ろに向かって引っ張るのがコツとなります。
歩きながら行ったり、耳引っ張りをしながら足踏みを行うことにより、骨盤の歪みを改善したり、足のむくみを改善する効果を得られます。
ちなみに、耳ヨガで耳の上の方を親指と人差し指で摘む際は、斜め上に向かって引っ張ります。
この時、目の周りのシワが気になる場合は、耳を引っ張りながら目の運動を行うことにより、目の周りのシワを改善できます。
耳ヨガのやり方を身につけることは、耳ヨガによって健康効果を得るのに重要となります。
また、耳たぶの付け根を親指と人指し指で摘む場合は、下に向かって引っ張ります口元のたるみが気になる人であれば、耳を引っ張りながら口を動かすことでフェイスラインをスッキリさせることが可能となります。
ただし、耳ヨガを行う際の注意点は、耳を引っ張る時間が1分より長くならないように意識しないと、耳の血行が悪化することがあります。

“”