肌の老化の原因である体内の酸化対策は生活習慣と食事にある

肌の老化と体内の酸化には密接な関係があります。
近年強さを増す紫外線などの外部からの刺激もそうですが、生活習慣の乱れも体内の酸化を招き肌の老化の原因になります。
不規則な睡眠、過度な飲酒や喫煙、偏った食事などが乱れた生活習慣のひとつです。
外部刺激の代表である紫外線が強さを増しているのは、地球温暖化が原因のひとつです。
また不規則な睡眠はスマホやタブレットなどの普及が招き、過度な飲酒や喫煙はストレスの発散のためであったり、偏った食事には惣菜や冷凍食品といった便利なものが増えてきていることが要因にあると考えられます。
これらのどれも我々が利便性を求めたがための結果でもあります。
特に食事面においては、揚げ物やスナックが現代人の食生活の中に取り入れられ、摂取する油分が増えています。
油分の多い酸化した食べ物を体内に取り込むことが体内の酸化、そして肌の老化を招きます。
これを防ぐための対策としては抗酸化作用が不可欠です。
抗酸化作用はそれを含む食べ物を口にすることで体内に取り込むことができます。
抗酸化作用がある食べ物のうち食べやすいものとしては、バナナがあります。
朝食のフルーツなどに添えると毎日摂取できます。
またかぼちゃや人参をはじめとする緑黄色野菜にも抗酸化作用は含まれています。
ニンニクや生姜にも含まれていて、直接食べにくいものは魚料理や肉料理の下味などに積極的に利用するのが摂取方法のひとつです。
またふだんの飲み物を緑茶にするだけでも抗酸化作用は十分に得られます。
このようにちょっとした工夫を日々の食事に取り入れるよう意識することで、肌の老化を防ぐことが可能です。
そして正しい生活習慣を身に付けることが体内の酸化対策になります。