ブルーライトによる、恐ろしい肌への影響とは

最近は、インターネットが普及し誰もがスマホやパソコンを使っていると思います。それらの画面からは、ブルーライトと呼ばれるものが出ています。

これは、紫外線と同じように浴び続けると肌への悪影響になります。

紫外線対策をするのと同様に、ブルーライト対策をしていかないと肌の老化などの影響がでてきてしまいます。

ブルーライトも、紫外線と同じく肌の奥深い所まで浸透してきます。

大体1時間程度ブルーライトを浴びると、色素沈着だったりシミの原因になる事が分かってきました。

また、目への疲労も増えてしまいストレスを感じてしまいます。

すると、副腎皮質ホルモンというものの分泌が増えてしまい、肌のくすみ等の原因に繋がってしまいます。

更に、メラニンが減少してしまい睡眠障害などが起き睡眠不足になってしまいます。

そうすると、肌荒れやニキビの原因になってしまいます。

ブルーライトは、直接的に影響を与えるだけではなく間接的にも、肌へ悪影響を与えてくるのです。

肌の老化や肌荒れなどの影響を受けたくない方は、紫外線と同じくしっかり対策をしていく必要があります。

ブルーライトをなるべく肌へ浴びないようにしたりなど、日頃からできる対策をしていくようにしましょう。